〜日常感じた幸せのおすそ分け〜

紅茶の効能と脳の活性化や老化防止にも良い理由!目にも効果的!

 

紅茶はイギリスの国民の間ではよく好んで飲まれます。モーニングティーやアフタヌーンティーと言われるように、1日の時間の中で茶葉の種類や濃さを変えて楽しんで飲んでいます。

今日は、そんな紅茶について老化防止や脳の活性化、目にも効果があるということをお伝えしていきたいと思います。

紅茶の効能は老化防止や虫歯予防にも効果的

紅茶のポリフェノール効果

紅茶に含まれるテアフラビンとテアルビジンが紅い色のもとになっており、これはポリフェノールの一種で、老化や細胞障害の原因となる活性酸素を取り除く効果があります。

更にこのポリフェノールには、心臓病をはじめとし、高血圧や脳卒中、がんの予防や生活習慣病の予防に役立つとされています。他にも血糖値の上昇を抑制する作用や、動脈硬化の抑制や老化の抑制などの効能が期待されます。

 

風邪の予防に効果がある

紅茶に含まれているカテキンは、抗菌・殺菌作用があり、風邪の予防になります。

紅茶を入れた時の1杯目はそのままの紅茶の味を楽しんで、2杯目はうがい用として入れることをおすすめします。カテキンがウイルスをコーティングしてくれるので、感染を防いでくれる効果が期待できます。

冬などの風邪を引きやすい時期は、紅茶でうがいをすることをおすすめします。

 

虫歯予防にもなるフッ素も含まれている

あくまで予防というレベルではありますが、紅茶には微量にフッ素が含まれていますので、歯垢を作りにくくするという効果があります。

しかし紅茶には歯に着色する原因となるタンニンも含まれているので、ステインが付着するといったこともありますので、歯磨きはこまめに行うことをおすすめします。

 

紅茶に含まれるカフェインが脳を活性化

紅茶にはカフェインも多く含まれています。カフェインは適度に中枢神経を刺激するので、疲労感をやわらげ、覚醒させる効果や利尿作用があります。
更にカフェインは、交感神経を刺激して、脳を活性化する働きもあります。

紅茶やコーヒーを飲み過ぎると、カフェインの効果によって利尿作用が働くことがありますが、尿を出すことは体内の老廃物を排出する上でも役立ちます。

 

紅茶は目の疲れにも効果的

カテキンやビタミン類も紅茶には含まれているので、疲れた目に効果的とされています。

飲み終わった使用済みティーバッグを、冷水や冷蔵庫などで冷やしてから、水気を絞ったうえでまぶたにのせることで目を休めることができます。更には、爽快感も得られますのでリラックス効果を得ることができます。

パソコンやスマホの画面を見て過ごす現代人には、目が非常に疲れやすくなっていますので、時々紅茶で目の疲れを取ってあげることをおすすめします。

 

紅茶のリラックス効果

紅茶に含まれるアミノ酸の一種であるテアニン(アミノ酸の一種)が含まれています。このテアニンにはリラックス効果があります。

更に紅茶の香りには、紅茶の持つ豊かな香りがストレスを和らげてくれますので、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。

紅茶の種類によって香りも違ってきますので、その時の気分によって楽しむのが更にリラックス効果を高めてくれる効果が期待できます。

 

まとめ

改めて、紅茶の様々な効果が分かりました。

・老化や細胞障害の原因となる活性酸素を取り除く効果
・紅茶でのうがいはカテキンがウイルスをコーティングしてくれる
・カフェインは適度に中枢神経を刺激するので、疲労感をやわらげ脳を活性化
・カテキンやビタミン類も紅茶には含まれているので、疲れた目に効果的
・紅茶に含まれるテアニンにはリラックス効果

などがありました。

風邪の時期だけに限らず、日頃から紅茶をリラックスしながら飲むことによって得られる効果は大きいようです。
何かと忙しい現代、パソコンに向かっている時間も多いので、仕事の合間にでも紅茶を飲みながらゆっくりとした時間も取ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
コスモスです。 日頃感じたことや、美味しい食べ物のこと、綺麗な景色、役立つことなどを発信していきたいと思います! 旅行も好きなので、旅先で見つけた美味しい物や珍しいものも発信していきますので、楽しみにしていてくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コスモスの扉 , 2019 All Rights Reserved.