〜日常感じた幸せのおすそ分け〜

スマホのケースやカバーのメリットとデメリット?手帳型など種類ごとに紹介

2019/10/28
 

春と秋に挙ってメーカーでは新しいスマホの発売を発表します。デザインや機能が更に進化して欲しくなってしまします。しかしスマホのカバーを使ってしまうと、せっかくのデザインや色も隠れてしまいますよね。

今回は、スマホのケースやカバーは本当に必要なのか、そしてカバーをすることによって起こる問題、カバーをした方が良いことなどを調べてみました。

スマホケースやカバーを使う理由は「安心感」

スマホのケースやカバーを使う理由として、やはり「安心感」が一番に挙げられます。
「落として割れてしまったらどうしよう」「日常の生活で傷がついてしまうのは嫌だ」などの理由で使う人が多いようです。

背面にリングが付いていて指を通すようになっているものを使っている人などは「ケースやリングのおかげで無事だった」という経験からの意見もあります。

それでは、それぞれのタイプ別でメリットデメリットをみていきましょう。

 

手帳型

メリット:全体を覆っているので安心

ケースにもいろんな種類がありますが、特に手帳型のものは、全体を覆っているので画面も裏面もしっかり保護することができます。

全体を覆うので、スマホ本来のデザインは全く表面に出ませんが、ケースは沢山の種類のものが溢れていますので、機能性と使いやすさでスマホを選び、ケースは自分の好みのものを選んで使うという選択をされています。

更にケースの見開きにポケットが付いているものは、定期のカードやいつも使うカードや物を収納することが出来ますので、いつも使うスマホと定期券などは常にセットで持ち歩くことが出来ます。

 

デメリット:動作が1つ増える

片手での操作が出来ないことの方が多いので、荷物を持っていて手が塞がっているときはいちいち開くのが面倒だなと感じる時もあります。

そしてスマホ全体を覆うので、スマホ本来のデザインが隠れてしまいます。
自撮りで撮影する時に、いちいちケースから外さなければならないので面倒などの意見もあります。

 

ケース型

メリット:ケースのデザインを楽しめる

手帳型に比べると「開く」という手間が省けるので、使いやすさからするとケース型の方が片手でも使いやすいといえます。

こちらも種類が豊富にあります。シンプルなものだと、ポケットにも入れやすいので持ち運びも便利です。

カバーの内側に、定期のカードを格納出来るタイプのものもあるようですが、若干の厚みが出ます。それでも手帳型よりはかさばらないですね。

透明なものであれば、スマホのそのままのデザインや色を楽しむことが出来ます。

 

デメリット:落とした状態が悪いと割れてしまうこともある

スマホカバーの方は手帳型のものに比べると、スマホの背面も部分だけを覆っているので、落としたときの状態によって表面のガラスが割れてしまう可能性が高いです。

ケース型はカバーを付け替えて楽しんだり、傷から守る程度で使用するのがよいでしょうね。

 

スマホケースを使わない人の意見は:かさばる

  • ケースに入れてかさばるのが嫌だから
  • 裸(ケースなし)の方が見た目が美しい
  • ケースの値段が高いから
  • Android端末で選べる(好みに合う)ケースがそもそもない

など理由が主にあげられます。

メーカーが毎年本体を薄くしたり、重さを軽くしたりとしのぎを削っているのにわざわざケースを使う必要がないと考える人もいて、故スティーブ・ジョブズも「ケース無しの方が見た目が美しい」と言っていました。

Android端末は、バリエーションが豊富なiPhoneに比べると選択肢も少なく気に入ったケースがないといったこともあります。

 

メーカー側の意見:カバーのしようは非推奨

メーカー側の使い方の推奨としては、正直カバーはおすすめしてないようです。

熱がこもり劣化が加速してしまう

特に長時間スマホを操作される場合は、カバーで放熱が阻害されてしまいます。
メーカーによればスマホに使われているリチウムイオン電池の許容温度は充電時で45℃、放電時(使用時)で60℃が安全温度ということでした。
安全温度を超えた電池はどのようになってしまうかというと、リチウムイオン電池の特性上、熱暴走が始まり、電池が通常の数十倍の早さで劣化(最大容量低下)してしまう状態を招いてしまいます。

 

伝搬の強度が弱くなる

もう1点の問題点として、スマートフォンのアンテナは機械全体がアンテナになるように設計されていますので、カバーで覆ってしまうと電波の強度は当然弱くなってしまいます。

 

長時間の充電時は危険

意外に盲点だったのが、充電時は長時間電池が高温域にあるため、カバーは取り外して充電してほしいのが本音だそうでです。
充電中のことに関してはあまり考えたこともなかったですね。

 

まとめ

スマホケースを使うことのメリット、デメリットをみてきました。

・落とした時の安心感
・傷を付けずに大事に使いたい
・手帳型は定期などのカード類を格納出来る
・熱がこもって通常の数十倍の速さで劣化してしまう
・電波の強度が弱くなる

といったようなことでした。

大切に使いたいからケースを使っているという意見もありますが、逆に電池の劣化を早めてしまうという問題も分かりましたね。

どちらが良いかというと、使用する本人が一番使い心地が良い方法が良いと思います。
今回お伝えした良い点や悪い点を参考にしてスマホライフを楽しんでくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
コスモスです。 日頃感じたことや、美味しい食べ物のこと、綺麗な景色、役立つことなどを発信していきたいと思います! 旅行も好きなので、旅先で見つけた美味しい物や珍しいものも発信していきますので、楽しみにしていてくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コスモスの扉 , 2019 All Rights Reserved.