〜日常感じた幸せのおすそ分け〜

お正月が終わった後のお飾りや旅先で入手したお守りの処分は神社かお寺かどっちが正しい?

 

お正月に飾るお飾りを処分する時に、神社がいいのか、お寺がいいのか悩んだりしませんか?

そして、受けたお寺や神社に返すのが良いのは分かっていながらも、旅行先などで入手したお守りだったりすると、遠方で処分に困ってしまうことがあります。

それらの処分法について調べてみましたので、参考にしてください。

お正月のお飾りの処分は神社かお寺か?

お正月のお飾りは基本的に、神社でもお寺でもどちらでも構いません。
近くの神社やお寺、或いは全国で開催されているお焚き上げが行われている、有名な神社やお寺へ納めるのも良いでしょう。

その際は、和紙や新聞紙などに包み、お寺や神社へ持ち込み感謝の気持ちをもってお願いするのがマナーです。

 

 

お正月のお飾りの基本的な処分法

お寺や神社には「納付所」「お焚き上げ(どんど焼き)」など書かれた場所が設けられています。
お焚き上げにはさまざまなしきたりがありますので、それを守りながら納めるようにします。

お正月飾り・門松・しめ縄・破魔矢・書き初めは、一般的には松の内の期間内、つまりは1月7日(関西の一部では1月15日)までに片付けて納める(処分)ようにしましょう。

だるま・お守りは入手してから一定期間が過ぎたら(1年以上経過のものや、目的を果たしたもの)いつまでも手元に置おかずに、正しい方法で処分するのが良いとされています。

お焚き上げの場合には、多くのところが無料で引き受けてくれますが、お寺や神社によっては料金が発生したり、行われる時期も異なる場合がありますので、前もって調べておく必要があります。

きちんと返すことが出来たら、また新しいお札やお守りをいただきましょう。

 

 

旅先で購入した神社やお寺へ持っていけない場合の処分法

お札やお守りは、これまで護っていただいた感謝の意を込めて、受けたお寺や神社に返すのが基本となっています。
しかし遠方で、わざわざ足を運んでお守りを返納しに行くのは大変です。それでも、購入したところにお守りを返納したいと考えている方は郵送で返納をすることもできます。

購入したところとは別の神社やお寺に持ち込むのも失礼ではありません。どの神社仏閣も、他の神社やお寺のお守りを受け入れています。
心を込めて使い続け大切にしてきたものに、感謝の気持ちを込めて、供養してもらいましょう。

購入した神社に、遠方に住んでいるので直接伺うのが困難であると問合せをした際に、近くの神社に収めても良いということでした。供養した他の神社やお寺で拒否されることもありませんでした。

お守りを購入した神社やお寺に郵送でお返しする方法もありますし、近くにある神社やお寺に直接出向いて返納する方法もありますので、感謝の気持ちをもってどちらかの選択をするのも良いでしょう。

 

 

まとめ

お正月が終わる時に、神社が良いのか、お寺が良いのかを悩む場合と、旅先で購入したお守りなどを納めることができない場合は、

・お正月のお飾りは基本的に、神社でもお寺でもどちらでも良い
・和紙や新聞紙などに包み、お寺や神社へ持ち込み感謝の気持ちをもってお願いする
・無料で引き受けてくれるが、お寺や神社によっては料金が発生する
・遠方の場合、郵送で返納をすることも可能
・購入したところとは別の神社やお寺に持ち込むのも失礼ではない

でした。

今までの感謝の気持ちを込めてお寺や神社へ持ち込み、納めることが大前提ではありますね。
基本的なマナーを守って納めるようにしましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
コスモスです。 日頃感じたことや、美味しい食べ物のこと、綺麗な景色、役立つことなどを発信していきたいと思います! 旅行も好きなので、旅先で見つけた美味しい物や珍しいものも発信していきますので、楽しみにしていてくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コスモスの扉 , 2020 All Rights Reserved.