〜日常感じた幸せのおすそ分け〜

フランスのサンジャンドリュズでバスク地方についての紹介!マカロン発祥の地の旅行記

2019/10/26
 

フランスとスペインにまたがって在るバスク地方。スペイン側は国際的な映画祭が開催されているサンセバスチャンが有名ですが、フランス側は「一番楽しい港町」として「サン・ジャン・ド・リュズ」が有名です。

今回はフレンチバスクの「サン・ジャン・ド・リュズ」をご紹介します!

サン・ジャン・ド・リュズはどこにあるの?

提供:空の旅

フランスの南西に位置し、スペインとの国境までは約20㎞のところにあります。
パリからは約790㎞ありますので、アクセスが不便なところでもありますが、フランス国内の名所を楽しみながらパリから南下し、スペインへ渡るのも良いですね。

サン・ジャン・ド・リュズだけを目的で行くのであれば、よく使われるビアリッツ空港からサン・ジャン・ド・リュズまではで車で15分程度です。

日本からは直行便がありませんので、パリで乗り換えをしていくルートになります。約10時間はかかります。
乗り換えで、ワインで有名なボルドーのめりニャック空港を使う便もありますので、ワイン好きな人であればボルドーも一緒に観光をすると良いかもしれません。

関連記事:サンセバスチャンの楽しみ方

 

サン・ジャン・ド・リュズの魅力

提供:4travel.jp

ピレネー山脈をはさんで、フランスとスペインの両国にまたがってバスク地方はあります。
両国の文化がうまく融合した独特の文化があり、スペイン側に在るサンセバスチャンでも国際映画祭が行われるなど、近代では美食とアートの町としてもその魅力を注目をされています。

スペインとの国境に近いフランス側のサン・ジャン・ド・リュズの海には、多くのクルーザーも停泊していて、素朴な街並みが魅力のリゾート地でもあり、フランス側のバスク地方の中心的な町です。

町にはバスク建築様式の家屋が軒を連ね、白の漆喰壁に赤や緑の木枠組と鎧戸にもペインティングされていて鮮やかでもあり、陽気で明るい印象の町並みです。
赤はバスク人の熱い血の赤であり、緑はバスク地方の豊かな緑を表していて、バスクカラーと呼ばれています。

石造りの装飾が美しい建物もあり、バスク地方の「ラウブル」という文様が埋め込まれていて、バスク民族の伝統的な文様である「バスク十字」とも呼ばれています。
この文様は、看板、織物、陶器、装飾品にも使われていて、象徴とされる文様となっています。

サン・ジャン・ド・リュズ「海バスク&山バスク」の両方を楽しめる美食の町でもあり、毎日水揚げされる新鮮な魚介と、大地の恵で育まれた野菜やマッシュルーム、バスク豚の生ハムや名産の羊のチーズ(オッソ・イラティー)など美味しいものを全て楽しめる町です。

 

サン・ジャン・ド・リュズ はルイ14世が結婚式を挙げた場所

提供:トラベルWatch

1660年に、太陽王と呼ばれたルイ14世とマリー・テレーズが、このサン・ジャン・ド・リュズに在る「サン・ジャン・バティスト教会」で結婚式を挙げた場所として有名です。

長年戦争を繰り返していたフランスとスペインが、ピレネー条約によって講和を結び、スペインのフェリペ4世の娘であるマリー・テレーズが、ルイ14世に嫁ぐこととなったのです。

「サン・ジャン・バティスト教会」の外観はシンプルなゴシック建築で、教会内は「バスク様式」といわれる様式を用いています。
この教会独特の木製バルコニーが3段あることによって高さと奥行きがあり、圧巻の存在感を感じることができます。

教会内の内装はカラフルな色を使っているので、格式高い中にもどこかノスタルジックな感じを残した印象です。

 

サン・ジャン・ド・リュズはマカロンの発祥の地

提供:LINEトラベルjp

サン・ジャン・ド・リュズはマカロンの発祥の地でもあります。

ルイ14世とマリー・テレーズの結婚式で、王室御用達のパティスリーだったMaison Adam(メゾン・アダム)がお祝いに献上したお菓子がマカロンでした。
当時のマカロンはメレンゲにアーモンドパウダーや砂糖を混ぜて焼いたシンプルなお菓子で、現在のフレンチ・マカロンの原型ともいわれています。

 

バスク地方はガトー系のお菓子も有名

提供:LINEトラベルjp

バスク地方のどこに行っても「ガトー・バスク」というお菓子を見かけます。
アーモンド入りのクッキー生地を厚めに伸ばし、この地方の特産品であるダークチェリーのジャムを入れたものがスタンダードなものですが結構甘めです。クリームを挟んだものなどもありますので、そちらはジャムよりは甘さが控えめで地元の人達にも人気のお菓子です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、サン・ジャン・ド・リュズには歴史に残る建築物や、町並みがとても雰囲気のある町でもあります。

・フレンチバスクの「一番美しい港町」
・バスク建築様式の家屋が軒を連ね陽気で明るい町
・ルイ14世とマリー・テレーズが結婚式を行なった町
・「海バスク&山バスク」が楽しめる美食の町
・マカロンの発祥の町

でしたね。
町並みも美しく、海のもの山のものも美味しく食べられる美食の町でした。

「サン・ジャン・ド・リュズ」オススメの町です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
コスモスです。 日頃感じたことや、美味しい食べ物のこと、綺麗な景色、役立つことなどを発信していきたいと思います! 旅行も好きなので、旅先で見つけた美味しい物や珍しいものも発信していきますので、楽しみにしていてくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コスモスの扉 , 2019 All Rights Reserved.